葬儀のスタイル

トップページ > 葬儀のスタイル

一般葬

ご家族、親族、友人、お世話になった方々(町会の皆様、会社関係、ご友人)と一緒にお別れをしていただく形式を「一般葬」と呼びます。ご参列の方が多くみえられますので、可能な限り、ご会葬の方にごゆっくりご参列を賜り、失礼のないようさまざまな準備をする必要があります。
福知山メモリーでは、1日1件のご葬儀をご臨終からお別れ、告別式まで故人様を送るにふさわしい儀式を、宗教問わずに真心を込めて施行いたします。



家族葬・親族葬

『家族葬って普通の葬儀と何が違うの?』 『普通の葬儀の規模を小さくしただけ?』
最近このような質問を受ける事が多くなりました。
家族葬はご家族やご親族が主体となり、ごく身近な方だけをお呼びして執り行う葬儀です。何よりも故人様とご家族とのお別れを最優先とし、通常は、通夜も親族・友人中心に行う為、親しい者だけで気兼ねすることなくゆっくりと故人様との最後のお別れをする事ができます。反面、社会的な別れや風習、世間体が後回しになりがちであるため、「お金をケチっただけ」「故人を軽く扱っている」など周囲から批判されかねません。
従って「家族葬」を行う場合、会葬者だけでなく他の方々へも失礼のないようにお知らせをして、弔問・供花・香典などの辞退をする必要があります。また、葬儀後に参列できなかった方々から、焼香をさせて欲しいという連絡がたくさんあるかもしれないことを考えておきましょう。福知山メモリーでは、普通の葬儀では味わえない、故人様を偲ぶご家族の温かい気持が周りにも伝わる。そんな葬儀を執り行わせていただきます。



密葬

「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀です。故人が有名人であったり、社葬など多くの会葬者がいる場合には、まず親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行うのが一般的です。密葬のみ行う場合を、先に説明した「家族葬」と呼びます。



社葬

社葬とは会社の創業者や代表者の方などが亡くなった時の葬儀形式をいい、事前に故人の家族や近親者だけでの密葬の後行う事が一般的です。運営自体が企業主体で執り行われ、一般的な葬儀に比べ会葬者数が多く、おおむね大規模な葬儀が執り行われます。故人への哀悼・慰安という葬儀本来の目的にとどまらなず、企業にとっても大きな意義のあるイベントであるため、通常の企業業務とはまったく異なる儀礼を施行しなければなりません。社葬とは、その後の企業活動を円滑にし、企業存続のノウハウを引き継いでいくための必要不可欠な儀式なのです。



無宗教葬

無宗教葬とは宗教にとらわれない自由な葬儀スタイルです。まだまだ一般的な葬儀スタイルではありませんが、生前にご自身の意思で無宗教葬を考えるご相談者も年々増えてきています。
宗教的な儀礼なども営まない事が一般的であり、自由にみおくる「お別れ会」や「自由葬」、故人様の生前の趣味に合わせた「音楽葬」などとして多く執り行われています。
一般的な葬儀形体でない分、生前から家族で話し合ったり、遺書のようなものを書き残し、親族や菩提寺のある方は菩提寺の同意を求めておく事も大切です。福知山メモリーでは、経験豊富なスタッフが故人様や施主様のご要望を取り入れ、的確なアドバイスをさせて頂きます。



ご相談がある時、「もしもの時」は、まずご一報ください。

お電話でのお問合せ フリーダイヤル0120-1194-89インターネットでのお問合せ